{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

こどもお金ルール

¥1,540 税込

送料についてはこちら

【著者】高濱正伸 【監修】伊井哲朗 【発行】株式会社カンゼン 四六判/160ページ 2022年2月22日発売 お金の仕組みを学び、お金の哲学(マイルール)をつくる本 お金との付き合い方を知ることが、『メシが食える大人』への第一歩 社会や経済とつながる「お金の使い方」は、自分の生き方そのものです! お金の価値観を磨くことで、生きていく力が自然と身につく <親子で話し合ってほしいテーマも例示> ●お金を貸してと言われたらどう答える? ●ありがとうにも差があると思う? ●10年後、どんな会社が儲かっていると思う? ●どんなふうにおこづかいをもらいたい? ●もし税金がなかったらどんな世の中だろう? ●どうしてタンス預金をしてしまうのだろう? ---------------------------------------- 小学生のうちからお金との付き合い方を学ぶことに意味がある 本書は、「教育の専門家」と「お金の専門家」の2つの視点から、こどもたちにお金との付き合い方を教え、こどもたち自身に「お金の哲学(マイルール)」をつくってもらうことを目的とした、これまでにない画期的な一冊です。 お金の使い方には、その人が何を大事にしているかという「価値観」が表れます。お金の使い方は、いわば自分の生き方そのものなのです。 こどもが自分で読んでも、親子で一緒に読んでも、どちらでも楽しめます。この本をきっかけに家庭や学校でお金について話し合い、お金を通して自分の生き方を考えてもらえたら嬉しいです。