フットボールクラブ哲学図鑑
new
5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4 5efad0d413a48b59d1eea5e4

フットボールクラブ哲学図鑑

¥2,090 税込

送料についてはこちら

【著者】西部謙司 【発行】株式会社カンゼン 四六判/272ページ 2020年7月13日発売 本書では歴史の古いヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学"」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた。 例えばマンチェスター・ユナイテッドは「ミュンヘンの悲劇」によって、「何があっても前進する」精神性を身に付けている。 レアル・マドリーはアルフレッド・ディ・ステファノの補強が大成功し、「計画できないところは選手が補ってくれる」ことを現在も具現化している。 バルセロナはまさに哲学と呼ぶに相応しいものを持っているが、負ける時は負けるべしくて負け、ユナイテッド、レアルのように奇跡を起こすことがあまりない……。 それぞれのクラブにはやはりDNA(遺伝子)があり、“香り"がある。 ヨーロッパの厳選20クラブの哲学を知れば、現在のフットボールシーンをより楽しむことができるはずだ。 【目次】 まえがき クラブ年表 クラブ相関図 ■「常勝クラブ」の哲学 I.レアル・マドリー:強い奴を集めてとにかく勝つこと ・全方位型のじゃんけん王者 ・ディ・ステファノという具体的規範 ・スターコレクションからの銀河系 ・個が戦術不足を補えばいいじゃないか II.ユヴェントス:まとまりすぎの安全第一主義 ・“ザ・シルヴァーコレクター" ・機能性がアズーリと瓜二つ ・リッピの強靭なフィジカル志向 ・まとまりの良さが生むジレンマ III.バイエルン・ミュンヘン:精神的支柱は皇帝の激怒 ・1860ミュンヘンの平手打ち ・ゴールは中央にある ・節目節目の皇帝の癇癪 ・健全経営の「レアル・マドリー」 ■「“ザ哲学クラブ"」の哲学 I.バルセロナ:永久に問う「クライフ原理主義」と「メッシシステム」の共存 ・「クラブ以上の存在」という明確な役割 ・「4番」→「6番」→「9番」の新縦軸 ・「ラファエロの弟子」のルネサンス ・皮肉なMSNの大艦巨砲主義 ・「メッシシステム」の呪縛 II.アスレティック・ビルバオ:ビッグクラブが失った「幸福」を追い求める ・力自慢がもてはやされる地域性 ・オールバスク人の属地主義 ・ビエルサが描いた「ナスカの地上絵」 ・忠誠心と犠牲心と少しの笑い ■「港町クラブ」の哲学 I.リヴァプール:特権階級を作らない平等なハードワークの流儀 ・「第二のユナイテッド」に反する強化方針 ・秩序の破壊とカオスの導入 ・「乱戦上等」だけではないしたたかさ ・精神的な社会主義者 II.ナポリ:神の子をも巻き込む情熱と反逆 ・デカい声と絶倫顔のナポリタン ・世紀の大天才も吸い込まれる情熱 ・ボロ雑巾的反逆思想 ・分断と逃亡を飲み込むなにくそ魂 III.マルセイユ:Droit Au But――ゴールへ真っ直ぐ ・直接的な“パンの雨" ・豪腕会長のマフィア色注入 ・黒い噂にDroit Au But ・短期集中型によるカリスマ乱用 ■「ライバルクラブ」の哲学 I.インテル×ミラン:革新性溢れるアンチテーゼVS伝統を重んじるコスモポリタン ・「門戸を開きたい」か「開きたくない」か ・閂で繋がっていた青黒と赤黒 ・“属人的"へのアンチテーゼ ・面白くないコスモポリタン II.ベンフィカ×ポルト:似た者同士の名将が形成した「豪快な攻撃力」と「堅実無比」 ・「知識」と「日用品」2つのバッグ ・開花→売却の“ポルトモデル" ・解けないグットマンの呪い ・酷似監督が植え付けた盾と矛 ■「成金クラブ」の哲学 I.マンチェスター・シティ:先進性と理詰めのアプローチで水色の細い糸をつなぐ ・憎きユナイテッドと共同作業 ・サポーターの異常なまでの屈折 ・今やエビのサンドイッチを食べるのに夢中 ・トータルフットボールの聖火リレー II.パリSG:中身は薄っぺらくとも外見だけは華やかに ・花の都のやさぐれ ・パリ市のサンジェルマン外し ・良いクラブは金で買える ・華やかなパリ向きのカナリア色 ■「小さな街の大きなクラブ」の哲学 I.ボルシア・ドルトムント×ボルシアMG:ドイツフスバルを体現する秩序と混沌の両立 ・権威に対する「反骨心」 ・一糸まとわぬ姿の自由主義 ・秩序と自由の二面性の許容 ・シームレスなフットボール II.ヴィジャレアル:黄色いタイルを盗まれても新たな黄色いタイルを作ればいい ・小さい街=貧乏の大ウソ ・タイル工場のような育成システム III.モナコ:空虚な黄金時代というルーチンを繰り返す ・タックス・ヘイヴンによる大物釣り ・それでも空虚な努力を繰り返す ■「名将クラブ」の哲学 I.マンチェスター・ユナイテッド:「赤いバス」は何があっても走り続けなければいけない ・悲劇と奇跡が形成した選民意識 ・マグニフィセント7の系譜 ・戦後に生まれた「バスビー憲法」 ・ファギーの「赤いバス」 II.アーセナル:ヴェンゲルの麻酔が切れても「勝利は調和から」は普遍 ・退屈な「フェイマス4」のブツ切り ・先鞭をつけたヴェンゲルの青田買い ・英国の戦闘的伝統を残したインヴィンシブルズ ・いよいよ切れたヴェンゲルの麻酔