こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本
new
5eface1dea3c9d72467e5b43 5eface1dea3c9d72467e5b43 5eface1dea3c9d72467e5b43 5eface1dea3c9d72467e5b43 5eface1dea3c9d72467e5b43 5eface1dea3c9d72467e5b43

こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本

¥1,430 税込

送料についてはこちら

【監修】秋山宏次郎 【著者】バウンド 【発行】株式会社カンゼン A5判/128ページ 2020年7月13日発売 このままでは地球があぶない! 未来のために考えるべきこと 未来を担うこどもたちに対し、SDGsと世界が直面する解決すべき問題、そして私たちの生活との関連をわかりやすく解説。 SDGs(エスディージーズ)とは… 国連が決めた2030年までに世界の人々が達成しなければならない目標のことです。この目標に無関係な人は地球上に1人していません。なぜSDGsを達成しなければいけないのか。その答えは「このままでは未来の地球は立ち行かないほどの危ない状態」だからです。 本書では、未来を担うこどもたちに対し、SDGsと世界が直面する解決すべき問題、そして私たちの生活との関連をわかりやすく解説。専門的な言葉もやさしく説明しているので、大人にもわかりやすい内容になっています。 これからの世界を引っ張っていく今のこどもたちが将来的に理想の世界で暮らせるようにするためには、今からさまざまな問題について考え、周りの人たちと話し合い、取り組んでいくことが大切です。それが大人になったときにより良い未来をつくることに繋がるのです。 【 目次】 はじめに このままで大人になったときに地球は立ち行かない 第1章 みんなの周りのさまざまな問題を理解しよう 第2章 国連が決めた世界共通の目標―SDGsって何 第3章 自分ごととしてSDGsを考えることが大事 巻末収録 SDGsの17の目標をもっとくわしく知る