サッカーと感染症 Withコロナ時代のサッカー行動マニュアル
5ec74bf455fa03685d332527 5ec74bf455fa03685d332527 5ec74bf455fa03685d332527 5ec74bf455fa03685d332527

サッカーと感染症 Withコロナ時代のサッカー行動マニュアル

¥1,430 税込

送料についてはこちら

【著者】岩田健太郎 【編集】フットボール批評編集部 【発行】株式会社カンゼン 46判/192ページ 2020年6月12日発売 サポーター、選手、指導者、サッカーに関わるすべての方に読んでほしい! 感染症専門医・岩田健太郎×サッカーオピニオン誌・フットボール批評による サッカーにおける「行動マニュアル」。Withコロナ時代におけるスポーツ観戦の指針となる一冊です。 長いスパンで感染症と付き合わざるをえないWithコロナ時代に突入した今、もちろんサッカー界も新しい形態、思考にモデルチェンジしていく必要がある。 サッカーを愛してやまない感染症の第一人者・岩田健太郎教授の“サッカー異論"をフットボール批評編集部がまとめ、 サポーター、選手、指導者……すべてのサッカー人に向けて新しい「サッカー行動マニュアル」を策定した。 “アミーゴ"アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)と岩田教授の「メール書簡」、 “野人"岡野雅行(ガイナーレ鳥取GM)との「松江対談」をダブル収録! 【構成案(仮)】 ■フットボール観戦マニュアル ・無観客試合を楽しめ ・DAZNの恩恵を享受せよ ・首都圏開催は慎重にせよ ・スタジアム観戦はこう変えよ ・サポーターの大移動に気をつけろ ・スタジアムの導線を変えろ ・Jリーガーの感染を攻めるな ■フットボール現場マニュアル ・指導者の思考を変えろ ・トレーニングの概念を変えろ ・子供の試合を保護者は見に行くな ・Jリーグの医療態勢をプロトコル化せよ ・地方クラブは徐々に活動を始めよ ほかにリーダーシップマニュアル、日本代表マニュアル、東京オリンピックマニュアルなど。 【著者プロフィール】 岩田健太郎(いわた・けんたろう) 神戸大学都市安全研究センター感染症リスクコミュニケーション分野教授、同大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長・国際診療部長。1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業後、米国ニューヨーク市のコロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンターなどを経て2008年から神戸大学。著書に『抗菌祖の考え方』(中外医学社)など。マンチェスター・ユナイテッド、ヴィッセル神戸のファンで、好きな選手はアンドレス・イニエスタ。